第二章 ~○○のため~

一番最初に怒られたのはその日の昼休み。放送室にいたときに担任から電話がかかってきて呼び出された。行き際にある子が言った。


『サボってたっていう話ならうちらのことは言わないで』


もし私がバレてない立場なら言わないで欲しいってことくらい分かる。でも、同じ放送部の仲間が怒られてるんだよ?同罪の君たちは何もしないで・・・。『自首しろ』とは言えないけど、するべきだとは思った。私一人に押し付けるっていうか、そういうことしておいて2人は普通に部活してる。そんな姿見て私がいい気で居れると思う?ましてや『サボろう』って言ったのは私じゃなく、放送部のある子。

でもね、ここで私が『実は私だけじゃなくて他にもいたんです』的なこと言ったらどうなると思う?放送部の2年は4人で、そのうちの3人が放送室出入り禁止になるわけ。今、『部活紹介ビデオ』撮りの真っ最中っていうか。だから、その1人と1年だけで出来るようなことじゃない。そういうことを考えると、言わないほうが放送部のためでもある。それに、反省文には親が書く欄があって、イコール親に何があったか説明しなきゃいけないのね。『親に殴られる』『家にいれてもらえない』そんなこと言われたら、益々言えなくなる。その子達のために、『言わない』ってことが順当だった。
[PR]
by silver_chako | 2005-02-04 22:03 | スクールライフ
<< 第三章 ~言わないで~ 第一章 ~嘘~ >>